Search
Search Menu

痩せない弱点の発見

太る仕組みはとても単純です。1日に消費するエネルギーよりもたくさんエネルギーを摂り続ければ、太ります。ほら、とても単純ですね。
幾度かの氷河期を生き抜いた我々ヒトは、進化の過程で食べたものを脂肪に変えて、身体に蓄えるようになりました。農耕や牧畜を始めるまで、また初めても軌道に乗るまでは常に食物は不足していましたから、脂肪を蓄えることが出来たものだけが生き延びられたのです。それはとても素晴らしいサバイバル能力なのですが、食べ物があふれている現代先進国の社会では、マイナスの能力となってしまいました。生き残るための能力が、今度は病気の引き金となったり、それ自体で病気にならないでも、悩みやウィークポイントとして気に病むようになったりしてしまうのです。
あなたが太るのは、日々の生活で、なんらかの原因を積み重ねているからです。食生活なのか、運動が足りないのか、それとも他の要因があるのか。痩せない弱点を発見しましょう。

痩せる仕組みは?

太る仕組みについては先にご説明したとおりですから、その逆、1日に消費するエネルギーよりも少ないエネルギーを摂り続ければ、痩せていきます。痩せない弱点を発見する前に、人が痩せる二つの理由を頭に入れておきましょう。
1、臓器の故障、特に消化器系の臓器が単体、または複数に故障がある場合。2、身体が飢餓状態になった時、体内に食べ物が送り込まれないという状態に陥った時。臓器の故障と飢餓状態とは穏やかではありませんが、本来生き物にとって痩せていくことは、良い状態ではありません。そしてダイエットとは、上の二つの理由を人為的に作り出して痩せさせていくというものですが、それは同時に体にある程度の負担を与える行為でもあるのです。
痩せたいのは、健康で美しくなりたいからですよね。単に「体重を減らす」ことを目的とするだけでなく、 痩せるときの「負担」を知り、正しい知識と理論をもって「健康的なダイエット」をマスターしていきましょう。